整体師資格も夢じゃない--無痛全身整体法は短期間に安全に習得可能です 大阪整体・京都整体・東京整体講習会

食品,医療,事故の真相 知ってはいけない

|トータル 8214人| 昨日5人| 今日2人|2
更新:2016-03-29 (火) 20:20:07

食品,医療,事故の真相 知ってはいけない

まず、
政府は嘘をつく
マスコミも真実を報道しない
世界を一部の金融ユダヤ人が牛耳ろうとしている(9.11のテロは自作自演など)

ことをご承知おきください

現代の日本、日本の政府はアメリカの言いなりです 日本はアメリカに戦争で負けてから属国になっています
そして、そのアメリカを牛耳っているのが金融ユダヤ人グループです
(実は、アメリカは第2次大戦で日本の精神力の高さに驚いたのです なのでアメリカにとって脅威の日本を精神的、肉体的に衰えさせる必要があるのです
欧米人と一緒に生活してみればわかりますが、東洋人特に日本人の精神的レベルが高いことに驚きます)
日本人の国力を落とすためのものとして、アメリカの影響を受けた日教組の馬鹿な学校教育、アメリカのシステムを使ったAV(アダルト放送)、外国人による風俗産業などたくさんあります 日本の都会で、風俗産業や享楽産業を経営しているのはほとんど外国人です すべて日本人を骨抜きにしようという目的があります。もちろん、日本のお金を自国に入れることもあります

マスコミはNHKも含めて、政府やスポンサーの顔色をいつも伺っています 真実の報道はどこまでしているかあやしいものです

なので、たとえば、今までテレビで一度も『合成洗剤の実態をあばく』という番組は組まれたことがないのです なぜなら、洗剤メーカーは、テレビの大事な大事なスポンサーだからです
また政府からスポンサーに手を引かせると圧力がかかると、テレビはじめマスコミは真実を報道しません 真実を調べていても途中で調査を打ち切ります

よって、マスコミの報道は限られた範囲でしかしません
テレビや新聞では真実は分からないということです

第2次大戦中、大多数の日本人は政府発表の「日本軍優勢」という偽の発表(大本営発表)を信じていました。
しかし、その時でも、自ら考え、自ら情報を集めて、すでに日本は敗戦濃厚だということを知っている日本人は少なくありませんでした。
それらの人たちと同じように、現代に生きる我々は、自分や自分の家族、自分の住む街を守るためにも人は賢くならないといけません。


ワクチンの罠

船瀬俊介『ワクチンの罠』

本書の前に、「立派な医学者」の最新刊、山内一也・三瀬勝利著『ワクチン学』(岩波書店、2014年刊)をざっと読んだ。いわく、「ワクチンは医学史上最高の発明」であり、「北里柴三郎や野口英世など日本人の貢献も大きい」のに、「近年の日本はワクチン後発国」であるのが嘆かわしい、「ワクチンの副作用は、製造方法から考えて当たり前」である、「ワクチン接種は、予防効果と副作用の大きさのバランスを考慮して、積極的に推進すべきである」。この本の著者らが、日本のワクチン界の中心人物であることから、乳児から老人まで、日本人をますますワクチン漬けにする気らしい。日本人よ、警戒せよ、である。

船瀬氏の本書は、厚労省や日本の医療関係者、「ワクチン先進国」であるアメリカの良心的な医療関係者、さらにはWHOの文書に基づいているだけに、信頼性は高い。まさにワクチンこそ「医療の闇」の核心であると痛感する。日本では、政府、医療関係者、教育、およびマスコミなどが一体となって国民の洗脳を続けてきただけに、本書の内容はまさに驚愕!である。評者も、本書で初めて知ったことも多い。

ワクチンがらみで「医療の闇」が垣間見えたのは、本書の冒頭にもある子宮頸がんワクチン問題であろう。思春期の少女たちに激烈な副作用が多発していることは明白なのに、厚労省の検討会は、今年1月に「副作用は心身の問題」、つまり気のせいであるという、驚くべき結論を出した。今後、定期接種の積極的勧奨を再開しかねない情勢である。女性の医療に責任がある日本産科婦人科学会等に至っては、勧奨再開の要望書まで出している!本書にもあるように、子宮頸がんワクチンの拙速な審査、税金による接種補助制度創設にあたって政治家や政党が暗躍したと言われている。製薬会社-政治家-厚労省-医者-マスコミの「医療ムラ」は、国民の健康を犠牲にしても、自らの利益の方が重要らしい。

本書は、「日本の医療の闇」は、実は「世界の医療の闇」に支配されており、彼らの最終目的は世界の人口を10億人程度まで減らすことであるのを暴き出している。この他、インフルエンザ、エイズなど感染症とそのワクチンを巡る「怖い話」が満載である。

愛する家族を守るために、洗脳支配から目を覚まそうと呼び掛ける著者に大いに共感する。


子宮頸がんワクチンを接種すれば不妊になる

子供の身体がむしばまれる
子宮頸がんワクチンを接種すれば不妊になる ←クリックしてください

何のためにそんなことをするのか?という疑問が起こりますよね。
それは、金融ユダヤ人がアメリカや日本を思い通りに動かしているからです。


遺伝子組み換え作物は、不使用と表示されているものにも入っている

それは日本の法律がいい加減だから というか知っていてアメリカの圧力に負けてそういう法律を作っている
4%以下なら表示義務がない

遺伝子組み換え作物をラットに食べさせると、全身に大きな塊の盛り上がりがいくつもできた
また、食べさせない対照群との比較では、遺伝子組み換え作物を食べた方は生殖器の重さが軽かった

特にコーンが危険 日本には飼料の形で遺伝子組み換えトウモロコシが入っている
よって、国産の肉であってもそれは遺伝子組み換え作物の飼料を食べて育った牛や豚、鶏だということである

遺伝子組み換え作物を世界に広めているのはアメリカ一の悪徳企業と言われるモンサント社。「世界の飢餓を救うために遺伝子組み換え作物を作ろう」というもっともらしいスローガンを抱えているが、実際は、世界の人口削減のため。
モンサント社の社員食堂には、遺伝子組み換え作物を使った料理は存在しない そして、まともな作物の種はちゃんと保存されているという

モンサント社の大株主が金融ユダヤ人であるロックフェラーである



スタバを飲むとうつ病になる

遺伝子組み換えの香料が甘い飲み物に含まれているのです



9.11アメリカ同時多発テロ事件はアメリカブッシュ大統領の自作自演

実際には、ワールドトレードセンタービルにジャンボ機は激突していない


激突の瞬間のCG動画を受け取ったTV局が放映しただけである

ビルに激突したのはジャンボ機ではなくて、こんな物体だった

下の動画参照

ビルが崩壊する映像を見た人は、「ビルって、こんな風に真下に落下しながら崩壊するのだ」という感想を持ったはずである。しかもバラバラになって。

なぜかというと、ジャンボ機など突っ込んでいないのだから、すべてをバラバラにしないと都合が悪かったのである

一般に言われている9.11のアメリカ同時多発テロ事件は、これは決してテロでなく、アメリカ(のうちのユダヤ人グループ)の自作自演であることはすでに有名な話

その数日後、アメリカは、イラク戦争を始めている
(テロの直後のことでみんなの注意がそがれている時に決議された)
理由は
1.イラクには大量破壊兵器がある
2.フセインはアルカイダと手を結んでいる
であった。
しかし、結局、1でも2でもなかった。
アメリカ(もっと正確に言えばアメリカも牛耳っている金融ユダヤ人グループ)がイラクを攻撃したかっただけである



9.11テロの時のワールドセンタービルやペンタゴンの壊れ方などに不可解な点がたくさんある
1. ビルの壊れ方 不自然な崩落をしていましたね
2. ユダヤ人や重要人物はだれも亡くなっていない
3. 直前にビルの所有者が変わっている
4. ペンタゴンに旅客機が突っ込んだと言われているが、その写真や映像はひとつも公開されていない
5. 事件の前日、前々日に不明な停電、工事などがあった(工事音を聞いたという証言がある ビルがバラバラになるように爆薬をあちこちに仕掛ける工事の必要があったのである)



下の動画は実に面白いことを言っている わたしもこれは最近まで知らなかった
どういうことかというと、実は、テレビ番組で報道されたのはCGであるということ。つまり、ボーイングがビルに突っ込んだ部分はCGで、実際には下の動画にあるような不思議な物体が突っ込んだだけである。しかし、飛行機が実際に突っ込むことを見た人間はいないので、アメリカ国民も世界も騙されたのである。
下の動画は偶々消防団員が、ボーイングでない得体のしれない物体がビルに突っ込んだ証拠映像を録画したものである。
ペンタゴンにジャンボが突っ込んだ形跡がないことは当初から言われていたが、世界貿易センタービルにもジャンボは突っ込んでいなかったのである
アメリカのアポロ月面着陸が、真っ赤な嘘で、スタジオで撮影した映像を世界に流していたことは今では有名な話になっているが、それと同じレベルのトリックである

そう言えば、衝突の瞬間なんて見ている人はほとんどいない。現場にたまたま居合わせていても、何が起こったか分からないし、パニックになるだけ。あとでTVで飛行機が激突したんだと聞かされるとそういうように信じてしまう。
それが人間の心理である。

ビルにジャンボ機が突っ込んだのに5分間何も行動を起こさなかったブッシュ大統領



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional