整体師資格も夢じゃない--無痛全身整体法は短期間に安全に習得可能です 大阪整体・京都整体・東京整体講習会

整体師のための解剖学

a:8245 t:2 y:0

2016-07-22 (金) 12:34:05 後期の日程(11回~20回)追加しました

SOT操体整体学院 必須基礎医学科目1―解剖学

SOG整体操体学院

ライブ放送の時間に見られない人は、録画放送を自宅で何度でも見られます

図解入り説明があるので、パソコン苦手な方もインターネットで授業が聞けます

授業は、講師が話だけでなくパワーポイントの図解を使ってされるので分かりやすいです

解剖学という学問は、人に信頼される学識のある整体師としての仕事をするために必要です。
当学院SOT操体整体学院のインターネット解剖学を学ぶには、
①解剖学単科生となる
②SOT操体整体学院の学生となる(学生には、学院生,速習科生(解剖学受講コース)があります)
の二通りがあります。

どちらを希望される場合も、
下でデモ授業が視聴できることを確認の上で、どれかのコースに入学できます。
インターネットが不得意な方も、図解入りの説明で簡単に操作ができますので、ご安心下さい。

なお、現在受講料割引期間中ですので、ご利用下さい。

基礎医学科目:解剖学――整体師のための解剖学

解剖学講師紹介 

SOG操体整体技研学院の基礎医学科目である解剖学を岡田佳穂利(かほり)博士が担当されていました(~2016年7月)。

岡田佳穂利講師 Profile
歯科医師、歯学博士。
歯科臨床と同時に、多くの学校やセミナー等で医学・医療系科目や国家試験対策などの講師を歴任。
コメディカル・パラメディカル教育における幅広い指導に定評がある。

2016年9月からの新しい講師は、当学院院長片山大道が就任します
北海道大学歯学部中退(除籍ではありません)、大阪大学卒業
生理学は特に詳しい 元、大学受験予備校生物学講師、数学講師などを経て、セラピストとなり、現在に至る


解剖学科目紹介

「人間の身体をどの視点(形・働きetc.)から診るか」を常に考えながら、各科目を関連付けて学ぶことが大切です。

・SOT操体整体学院の解剖学

解剖学教科書

「身体の構造」について学びます。身体を形づくる「部品」の状態を細胞、臓器、器官などのレベルごとに考える学問です。
骨や筋肉を想像しながら施術できる整体師を目指しましょう。



専任講師による解剖学サンプル/デモ授業

現在は学期の移行期につき、解剖学デモ授業は現在ありません。



この動画が視聴可能な場合にのみ、
SOT操体整体学院学院生として入学をするか
解剖学単科受講生として、インターネットで解剖学(ライブ/録画)が受講できます。
パスワードを上記URLで請求した方に詳細をご案内しています。

解剖学インターネット講義受講方法

SOT操体整体学院のインターネット授業の解剖学の受講方法は2つあります
① SOT操体整体学院の基礎医学科目の単科生となる(解剖学and/or生理学を
それぞれ前期と後期に受講する)

② SOT操体整体学院の学院生となる(操体整体実技の理論と実践が2年間何度でも受講できて、インターネットでの解剖学と生理学が2年間受講できる)
②'SOT操体整体学院の専修科生,速習科生,研究科生となる(操体整体実技の理論と実践が定められた回数受講できて、インターネットでの解剖学and/or生理学が1年間受講できる)
とです。

・解剖学だけを学習する
のも
・生理学だけを学習する
のも個人の選択に任せられています。

SOT操体整体学院学院生は、その授業料140,000円に解剖学の受講費も生理学の受講費も含みます。

岡田解剖学 2015年~2016年カリキュラム

下記はライブ放送の時間ですが、時間が合わない方は、録画を何度でもわかるまで見ることができます。
動画の保存期間はライブから1ヶ月間です

解剖学前期 2015年8月~2016年2月 全10回
第1回 8月23日 解剖で学ぶこと
16:30 解剖学の意義、解剖学とは、人体の外形と区分、用語、人体の構成

第2回 9月6日 骨格系
16:30 概説(骨の機能・形態・成長、体の部位による骨の分類)、頭蓋骨

第3回 9月20日 骨格系
16:30 体幹骨(脊椎、肋骨、胸骨、胸郭)、上肢骨、下肢骨

第4回 10月4日 筋系
16:30 概説(筋の構造、形による分類、付着部による分類、運動方向による分類)

第5回 10月18日 筋系
16:30 体の各部位の筋系(頭部、頸部、胸部、腹部、背部、上肢、下肢の筋)

第6回 11月1日 内蔵学 
16:30 概説、消化器系(口腔、咽頭、食道、胃、小腸、大腸、肝臓、胆嚢、膵臓)

第7回 11月15日 内蔵学
16:30 呼吸器系(外鼻、鼻腔、咽頭、気管、気管支、肺)、泌尿器科系(腎臓、尿管、膀胱)

第8回 1月10日 内蔵学
16:30 生殖器系、内分泌系

第9回 1月24日 脈管系 
16:30 脈管系の概要、血管系(構造、循環)、心臓(位置と形態、構造、弁)、動脈系

第10回 2月7日 脈管系
16:30 静脈系、胎児の循環系

第11回 2月21日 神経学①16:30~

第12回 3月6日 神経学②16:30~

第13回 3月20日 感覚器16:30~

第14回 4月3日 細胞と組織①16:30~

第15回 4月17日 細胞と組織②16:30~

第16回 5月1日 発生16:30~

第17回 5月15日 口腔付近の解剖学①16:30~

第18回 5月29日 口腔付近の解剖学②16:30~

第19回 6月12日 口腔付近の解剖学③16:30~

第20回 6月26日 口腔付近の解剖学④16:30~

SOT操体整体学院基礎医学科目単科受講制度

SOT操体整体学院に学院生/研究生(専門生)として入学しないで、基礎医学科目を受講することができます。

・解剖学前期(90分×10回) 20,000円12,000円(期間限定割引中)
・解剖学後期(90分×10回) 20,000円12,000円(期間限定割引中)
・生理学前期(90分×10回) 20,000円12,000円(期間限定割引中)
・生理学後期(90分×10回) 20,000円12,000円(期間限定割引中)
※解剖学前期と解剖学後期とで解剖学は完結します 生理学も同じです
以上は、
インターネット基礎医学科目(解剖学)はこのページ
インターネット基礎医学科目(生理学)はこちら
からデモ授業を試聴の上、お申込み下さい
どちらか1科目でもOKです。
上の受講料には教科書代(解剖学と生理学)は含みません。
お申込み後、各自入手してくださ。
解剖学教科書生理学教科書

上記科目をそれぞれ単独に受講する者を単科生と呼びます。
たとえば、生理学を、学院生または専門生(研究生のうち解剖または生理を履修している者)としてでなくこれだけを受講している者を、生理学単科生と呼び、学院生/専門生と区別した呼称を用います。

【再受講】
単科生が同じ科目を翌年以降も受講する場合、翌年は以降は半額(割引料金で受講した場合は割引料金の半額)となります。内容は基本的には変化ありませんが、ライブ授業も毎年新しく放映されます。



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional