ゆる操体研究会電話

このページのURL http://sotai.info/index.php?go=cH0TR3
|トータル 24809人| 昨日10人| 今日4人|4
更新:2017-09-27 (水) 19:38:27
NEW基礎医学科目の講義再開について
お待たせいたしましたが、ustreamの日本撤退後、長らく中断していました基礎医学科目の講義(解剖学・生理学)ですが、9月後半からyoutubeを使ってライブ放送をいたします。年間講義日程は9月前半に発表いたします

NEW2017/02/16:認定書コースを値下げしました 学院生は2017年8月11月入学生から受講料を大幅に値上げし、入学金21,600円と授業料172,800円となります 7月中10月中に申し込みがあれば、値上げ前の料金となります
2016/3/17:SOT操体整体学院の諸々のコースまとめて分かりやすく学院生・速習科生・認定書コース3つにしました

2016/3/29:学費割安の学院生コースを新設しました
速習科生コースを改定しました

更新2012/5/11:SOT操体整体学院の学費納付にクレジットカード決済が可能となりました

学院生(2年制)のお申込みはこちらから ← クリックして下さい
・解剖学/生理学を受講しない学院生制度をあらたに設けました
 総支払額は受講料110,000円と入学金です

(学費110,000円は、2017年7月31日2017年10月31日までの特別料金です
解剖学/生理学不受講の学院生は、2017年8月1日2017年11月1日以後、学費140,400円となります 7月31日10月31日までに申し込めば、学費110,000円を適用されます)

整体師として解剖学生理学の基本的知識は必須ですが、何らかの医療系国家資格を持っている、国家資格は保有していないが解剖学や生理学を学んだなどという方(自己申告)は、解剖学生理学を受講しない学院生となることができます 但し、卒業試験は全員解剖学生理学の基本的知識を含む試験となります(試験対策は当学院で行います)

・2016年2月28日から2017年9月30日までの間に自己申請のあった方のみ入学金免除とします 東京の学院生はあと2名、大阪の学院生はあと3名で募集停止とします(2017/8/05)
他のところに入学金についての表示があっても、申込時のメールフォームや自動返信メールに、入学金20,600円と書いていましても、「ホームページに入学金免除と書いてあった」と申込画面またはメールに書き込むだけで、学院生の入学金は免除とします
上記期限日までの学院生申込者で、「ホームページに入学金免除と書いてあった」とメールや申込フォームに書き込んだ方が対象となります 期限の日に入金がまだでも申込がされていれば、入学金免除対象になります

操体整体師認定コース22/33生と速習科生(入学金不要)の内容説明はこちら ← クリックして下さい
操体整体師認定コース22/33生と速習科生のお申込みはこちらから ← クリックして下さい

SOT操体整体学院学院長のご挨拶

こんにちは、ゆる操体整体のSOT操体整体学院の片山大道です。

身体のことで悩みの多い現代、整体術をマスターして、健康な身体つくりの専門家となって世の役に立つ人となり、充実した人生を送ってみませんか 

しかしながら、しっかりした効果の出せる整体術を教える整体学校、整体法は意外に少ないものです
当学院では、医師橋本敬三先生創始の操体法の理論と実技を学び、また、本学院講師により、人体を理解するのに必要な解剖学・生理学を自宅にいながら効率よく樂しく学ぶことができます(講義録画も視聴できます)

あなたの充実した人生のためにも、当SOT操体整体学院、ゆる操体研究会がお役に立てるものと信じて、人を癒やすことのできる知識と技術を提供したいと思っています。

片山大道署名

整体学校「SOT操体整体学院」ご案内

SOT操体整体学院とは、講習会を1回に限らず、複数回受講したい方のお得なコースです。
課程の修了者全員に修了書(または卒業証書)と操体整体師認定書とが授与されます

卒業証書があるのは、学院生(2年制)です
修了書があるのは、速習科生です(入学金不要・在籍期間自由)
認定書コース22と33には修了書はありませんが操体整体師認定書が授与されます
操体整体師認定書は全てのコース修了者に授与されます
学院生は2枚(2級と1級)の操体整体師認定書が与えられます

注意:講習会場は、東京と大阪、日は原則日曜日、土曜日、祝日になります。東京は月の前半、大阪では月の後半に開催しています。これらの予定に合わない場合は、入学はご遠慮ください。両地域の受講もできる方はできます。


SOT操体整体学院所在地

屋 号SOT操体整体学院、ゆる操体研究会
本校所在地所在地

ゆる操体研究会電話

当会で、整体を習得するには4種類のコースがあります

ゆる操体研究会、SOT操体整体学院 は、

  • 1.一般・治療家・これから整体師をめざす人を対象に単発の講習会
    (1)毎月整体実技講習会を東京または大阪で受講
    (2)インターネットで基礎医学科目の解剖学と生理学を自宅で受講
    (1)(2)はどちらかで一つでも両方でも構いません
  • 2.整体師を専門にめざす人を対象に、徹底的に学ぶ学院生(2年制)となっての受講 解剖学・生理学受講をしない割安の学院生コースもあります
  • 3.整体師認定証取得コースでの受講
    当会の整体講習会を合計4回または6回受講すると、SOT操体整体学院の操体整体師認定証が授与される
  • 4.整体師を専門にめざす人を対象に、速習科生コース(旧称:研究生コース)での受講
    学院生(最低2年制)よりは、より安い学費(入学金も不要)でより短期間(在学期限自由)で学びたい方
    操体整体師認定コースよりはもっと整体実技講習会をみっちり学びたい方向け


SOT操体整体学院の4つのコース詳細

実技講習会を単発で受講する以外に、もっと学びたい方向けに、学院生,速習科生,認定書コースの種類があります。
以下のコースは最初から申込まれても構いませんが、ほとんどの方は一度東京か大阪の全日整体基礎講習会に参加してから、申込まれます。(その場合は授業料から初回分を差し引かれますので、一度体験してから入学することと同じです)
学院生以外の諸コースの受講料は最下部をご覧ください

  • 学院生(2年制):SOT操体整体学院に2年(学費は同じで最大3年)在学して、その間無制限に整体実技講習会と基礎医学科目解剖学・生理学を受講するコース  このコースのみ定員があります(残席は表示しています) 整体実技講習会は、基礎講習会が、年に11回~12回、2年間では22回~24回、3年間では33回~36回大阪と東京でそれぞれ開催されます。
    また中級講習会と症状別講習会は合わせて年に約10回、2年間では約20回、3年間では約30回開催されます。その内であれば学院生はどちらの地域で何回受講しても構いません。2年で卒業した学院生はあと1年を卒後研修として自由に受講できます 授業料140,000円と入学金 基礎医学科目受講しない場合は下記 2017/08/012017/11/01以降はこれらの授業料が改定されいます
  • 学院生(基礎医学科目不受講)(2年制):SOT操体整体学院に2年(学費は同じで最大3年)在学して、その間無制限に整体実技講習会を受講するコース  このコースのみ定員があります(残席は表示しています) 整体実技講習会は、基礎講習会が、年に11回~12回、2年間では22回~24回、3年間では33回~36回大阪と東京でそれぞれ開催されます。
    また中級講習会と症状別講習会は合わせて年に約10回、2年間では約20回、3年間では約30回開催されます。その内であれば学院生はどちらの地域で何回受講しても構いません。2年で卒業した学院生はあと1年を卒後研修として自由に受講できます すでに解剖学生理学を学んだなどの理由(自己申告)で基礎医学科目受講しない場合は授業料120,000円(2017年8月1日以降は、140,400円)と入学金 希望の場合はいつでも基礎医学科目授業料を差額納入することで解剖学と生理学とが受講できます
  • 認定書コース22(受講期間の制限なし):すでに整体関係の仕事従事者向け 整体実技基礎講習会2回と整体実技中級講習会/症状別講習会2回(全部で合計4回受講)を受講して整体実技認定試験を受験して整体実技認定書を取得するコース 修得の目安:2ヶ月~3ヶ月 ですが、受講期間の制限はありませんので、自分のペースで習得できます 入学金なし総費用55,000円45,000円 (2017年2月から値下げしました)
  • 認定書コース33(受講期間の制限なし):整体関係の仕事非従事者向け 整体実技基礎講習会と整体実技基礎続編講習会と症状別講習会合わせて全部で合計6回受講)を受講して整体実技認定試験を受験して整体実技認定書を取得するコース 修得の目安:3ヶ月~5ヶ月 ですが、受講期間の制限はありませんので、自分のペースで習得できます 入学金なし総費用67,000円60,000円 (2017年2月から値下げしました)
  • 速習科生(旧称:研究生)(受講期間の制限なし):認定書コース33だけでは物足りない場合、学院生のように2年間在学はしないが、全部で12回受講します。
    基礎講習会、症状別講習会、中級講習会それぞれ3回の受講が必要ですが、あとの3回は自由に選択できます。入学金なし・受講料97,000円88,000円(2017年7月31日10月31日まで速習科生開講特別価格実施中)

速習科の修了生は、操体整体師認定証SOT操体整体学院専科修了証とが授与されます 希望があれば基礎医学科目の解剖学・生理学はいずれも12,000円で受講可能です(入学金なし・最大受講期間はまる1年程ですが、履修期間制限はありません) 

・基礎講習会・中級講習会・症状別講習会などの整体実技講習会は東京会場と大阪会場でのみ受講できます また2017年1月現在、整体実技講習会が開催されるのは日曜日と祝日と土曜日です(2017年後半から2ヶ月に一度平日に基礎コンセントレート講習会を実施しますので、それもご勘案ください)ので、これに合わない方は受講おすすめしません(東京や大阪での整体実技講習会の開講日などを実際にご覧になって確認しておいてください)

・基礎医学科目は自宅でインターネットを使ってライブまたは録画で受講します
整体実技認定書は上記すべてのコースで授与されます''
操体整体師認定コース生・速習科生についての詳細は、こちらにあります
速習生の受講料はこのページ最下部にあります。


整体学校 SOT操体整体学院からの最新のお知らせ

お知らせ
すでに学院生・速習科生になっていて、中間受験資格が満了した方の、認定試験の受験申込はこちらです ← これをクリックしてください


  1. 学院生の入学定員
    東京地区はあと2名、大阪地区はあと2名でSOT操体整体学院学院生の募集を締めきります。定員になれば2017年度(4月)まで入学はできませんので、考慮中の方はお急ぎ下さい。
    定員になりましたら、ここに表示をしますので、表示がない限り入学が可能です。

SOT整体操体学院
SOT操体整体学院は、校舎を持たない学校なので、他の整体学校より学費が安いです



3年間、実技講習会は東京、大阪でそれぞれ最大36回、中級講習会と症状別講習会とで最大30回、合計66回の実技講習会が、支払った授業料で、受け放題(東京大阪両地域で受講できます)、インターネット授業は自宅で180時間が聴き放題です
説明
定員になりましたら、ここに表示をしますので、表示がない限り入学が可能です。



今年2016年も開講中 整体実技を受講してみてからあとで正式に入学できるお試し入学制度あり


SOT操体整体学院 学院生(2年制)の特徴

学費が2万円安い学院生を新設しました(解剖学生理学不受講の学院生)
通常の学院生と同じく2年制で、しかも入学から3年間は追加授業料無しで実技が何回でも受講できます

  • 実技講習会は、最低在学期間2年で、実技や基礎医学科目を何度でもマスターできるまで(整体基礎講習会だけでも最大36回)受講が可能です 下記※印 最大3年まで追加料金なしに在学できます
    2年でマスターし卒業しても、復習のために卒後研修としてあと1年間受講ができます(整体実技講習会は、基礎講習会が、年に11回~12回、2年間では22回~24回、3年間では33回~36回大阪と東京でそれぞれ開催されます。
    また中級講習会と症状別講習会は合わせて年に約10回、2年間では約20回、3年間では約30回開催されます。その内であれば学院生は何回受講しても構いません。)
  • 整体師に必要な医学的知識の解剖学と生理学(基礎医学科目と言います)が自宅で自分の都合の良い時間にインターネット動画でライブまたは録画で学べます 解剖学・生理学が不要な学生は減額されます
  • 学院生の卒業試験では、解剖学と生理学の基礎知識の試験が含まれます 基礎医学科目不受講の学院生も、解剖学と生理学の受験が必要です 基礎医学科目受講の希望があれば、所定の授業料を納入することでいつでも解剖学and/or生理学のWeb授業が受講できます
  • Web講義は録画で復習ができます 在学中は、ずっと講義を受講できます 指定教科書もあります
  • 2年間の卒業以前に、所定の回数を学びかつ試験に合格した者には整体師の技術認定書(2級)を発行します
  • 卒業すれば、卒業認定書と整体師の技術認定書(1級と2級の2枚)との3枚の認定書が授与されます
  • 早くマスターした人は2年で卒業(卒業認定書と整体師の技術認定書との2種3枚の認定書が授与)ができ、3年目は卒後研修として、追加授業料なしで復習ができます
  • 基礎医学科目は、どなたでも自宅に居ながらにしてインターネット授業で解剖学や生理学の基礎医学科目を専任講師から聞くことができます。パソコン操作が不得意な方でも図解入りの説明でなんなく受講することが可能です。




インターネットでの基礎医学科目授業・解剖学と生理学について

ライブ放送の時間に見られない人は、録画放送を自宅で見られます

インターネット授業を受講するためには、スマホ端末の場合、3Gや3Gハイスピードでも可能な場合がありますが、より高速のLTEやブロードバンド(ADSLかケーブルTVか光回線)が使える環境が必要です
(youtubeを視聴できれば問題ありません)

※※お試し入学制度とは、試しに大阪または東京で整体理論・整体実技の授業を受けて(何回でも構いません)、それで納得が行きましたら、整体学院総授業料から、その総受講料を引いた額が、入学の時のあなたの総授業料となります。詳細は、下記の【授業料減額制度】【お試し入学制度】を参照ください。

SOT操体整体学院入学要項

【設 立】2012年2月
【入学期】毎月入学可能
支払い後正式に入学となります。
例 2017年8月10日に入学手続きを完了した場合、2020年8月までの3年間学院生の資格があります。
2年間履修して、卒業認定試験に合格すれば卒業となります。
卒業後も残り1年間は卒後研修として追加授業料なしで受講ができます。
卒業認定試験不受験または不合格の場合、3年間まで在籍できます(追加費用無し)。

【注 意】東京地区はあと2名、大阪地区はあと2名でSOT操体整体学院学院生の募集を締めきります。定員になれば、2018年まで学院生としての入学はできませんので、考慮中の方はお急ぎ下さい。
定員になりましたら、ここに表示をしますので、表示がない限り入学が可能です。

以下は学院生(2年制)としての内容です。2年制の学院生より短期間の速習科生についてはさらに下の方の説明をご覧ください。

【在学期間】2年以上3年まで(最短で2年で卒業可能) 呼称は学院生(2年制)とします。
3年次で習得ができずに卒業認定されなかった学生に関しては、4年目以降は一年間40,000円で、整体実技と基礎医学科目のすべての科目を履修できますが、別に年度終了時に卒業認定試験費用として10,000円が必要となります。
また、卒業認定された学生が卒業生(当学院認定整体師)として、整体実技講習会に参加する場合の受講料は3年目は一切無料、4年目以降は年間25,000円とします または実技講習会を1回2,000円で受講することができます。

【履修科目】整体実技基礎コース(実技4級・実技3級)、整体実技中級コース(実技2級)、整体実技症状別手技コース、整体実技認定一級コース、医学基礎科目解剖学、医学基礎科目生理学、医学基礎科目病理学(病理学は選択科目であって必須科目ではありません)、卒業認定試験
整体実技に関しましては、単発の受講生と同じものです。
つまり、東京整体実技講習会大阪整体実技講習会に書いてあるスケジュールで基礎、中級、症状別の講習会で単発の受講生と一緒に学びます。
学院生だけの別の実技講習会はありません。
※実技講習会は、基礎講習会は年に11回~12回、2年間では22回~24回、3年間では33回~36回大阪と東京でそれぞれ開催されます。
また中級講習会と症状別講習会は合わせて年に約10回、2年間では約20回、3年間では約30回開催されます。
その内であれば学院生は何回受講しても構いません。
東京と大阪両方で受講することも可能です。
操体整体講習テキスト

【履修場所】大阪・東京・自宅
【入学の条件】東京または大阪の実技講習会に参加できること、インターネット( スマホやタブレットでも構わない)で基礎医学科目の講義が視聴できること(基礎医学科目不受講の学院生はこの限りではありません)

【認定書】当会の整体師資格認定書(在学途中で取得する実技認定書と卒業時に取得する操体整体師認定書)2枚と整体学院卒業認定書との合計3枚が授与されます。

学費納付にクレジットカード決済が可能となりました  SOT操体整体学院


内容:
整体師として立つために必要な整体理論・整体実技・基礎医学科目を学びます。
整体師資格についてはこちら

当学院の整体法は無痛整体である操体法です。

履修期間:2年(卒業認定あり)、最長3年まで(何らかの理由があって履修が終わらない場合は3年間まで在籍が可能です) 
卒後研修:2年で卒業認定を受けた者は、3年目は卒後研修として、下記に定める実技科目・基礎医学科目をすべて無料で自由に受講できます。基礎医学科目不受講の学院生は、基礎医学科目は卒業後も学院生としては無料受講できません。

規定の2年間内に卒業認定されないものは、3年間までの在籍を認めます。追加授業料は不要です。




【履修必須科目】:
ゆる操体整体実技4級・3級・2級・認定1級(基礎講習会で4級・3級レベルを習得し、中級講習会と症状別講習で2級レベルを習得し、さらに研鑽して1級を認定します)
ゆる操体整体理論

基礎医学科目:解剖学・生理学
解剖学教科書生理学教科書画像の説明
教科書は、2016年9月より変更します

科目名

仰臥位股関節屈曲

「大阪整体実技基礎講座」ゆる操体整体理論・実技4級・3級
「東京整体実技基礎講座」ゆる操体整体理論・実技4級・3級
「大阪整体実技症状別講座」実技3級
「東京整体実技症状別講座」実技3級
「大阪整体実技中級講座」ゆる操体整体理論・実技2級
「東京整体実技中級講座」ゆる操体整体理論・実技2級

「解剖学前期」専任講師による整体師のための解剖学 開講中(インターネットでの講義のみ)
「解剖学後期」専任講師による整体師のための解剖学 開講中(インターネットでの講義のみ)
「生理学前期」専任講師による整体師のための生理学 開講中(インターネットでの講義のみ)
「生理学後期」専任講師による整体師のための生理学 開講中(インターネットでの講義のみ)

閲覧パスワードは解剖学、生理学それぞれからご請求ください。(閲覧しても入学義務、受講義務は生じません)



特徴:
・実際に人の身体の歪みを治すことのできる無痛の整体技術(操体法)とコメディカル分野の専門家にふさわしい基礎医学科目が修得できる。

・建物を持たない学校のため、人件費・設備投資がないので、授業料が低く抑えられている

・基礎医学科目はインターネットを使って自宅で好きな時間に学べる(パソコン不得意な人も見られるライブ放送)、しかも録画放送を見られるので、動画の保存期間である1ヶ月以内なら復習が何度もできます。
基礎医学科目は大阪教室・東京教室での講義はありません。





【入学金・授業料】:以下は、2017年7月31日10月31日までに入学手続きを完了した学院生の必要経費です。
入学金  20,600円(税込み)
授業料 140,000円(税込み)(分割時は70,000円ずつとする) 
解剖学生理学受講しない場合 120,000円(税込み)(分割時は60,000円ずつとする)

2017年8月1日11月1日以降は、
入学金  21,600円(税込み)
授業料(最大3年間) 172,800円(税込み)
基礎医学不受講の場合の授業料 14,400円(税込み)

授業料とは、3年間の整体実技講習会の受講料、解剖学と生理学の受講料すべてを含みます。3年間何回受講しても構いません。
すでに整体基礎講習会などを受講している場合は、差額だけを納入します
他に別途教科書代(解剖と生理学)が必要となります。
新品で合計約9,000円、古書で合計約2,500円(時価)となります。
他に、教材1,000円程度を購入していただきます。
いずれもアマゾンなどで入手可能です。

ケーシー型白衣約3,000円(購入任意)

seitaijitsugi

授業料減額制度あり(下記を詳しく読んでください)

【授業料減額制度】【お試し入学制度】 学院生入学までに整体基礎講習会を1回以上修了された方であらたに学院生として入学される方はそれまでに支払われた受講料合計を全授業料より減額いたします。

授業料支払いは、銀行振り込みまたはクレジットカード決済です。
ただし、クレジットカード決済はスマートフォンやタブレット(Android,iPhoen,iPad)からはシステムが作動しませんので、パソコンからクレジット決済をしてください。

ソリューション画像




注意:パソコンまたはスマートフォン・タブレットで、youtubeが見られない人は、当学院に入学はできません。
基礎医学科目を受講しない学院生はこの限りではありません
(基礎医学科目はネット動画配信だからです)

またパソコンまたはスマートフォン、タブレットがあっても、ブロードバンドのネット環境がないと視聴に困難を来す場合がほとんどと思われますでの、まずは、ネット環境をご用意ください。

説明
3年間、実技講習会は東京でも大阪でも最大36回、中級講習会と症状別講習会とで最大30回、合計66回の実技講習会が受け放題、インターネット授業は自宅で180時間が聴き放題です。2年間で卒業可能。
東京地区はあと4名あと2名、大阪地区はあと3名あと1名でSOT操体整体学院学院生の募集を締めきります。定員になれば、2018年まで学院生としての入学はできませんので、考慮中の方はお急ぎ下さい。
定員になりましたら、ここに表示をしますので、表示がない限り入学が可能です。


SOT操体整体学院の色々なコース授業料(受講料)

※学院生を除き、認定書コース生、速習科生、専科生の各コースについては入学金は不要です

  • 学院生(2年制):SOT操体整体学院に2年(最大3年)在学して、その間無制限に整体実技講習会と基礎医学科目解剖学・生理学を受講するコース  このコースのみ定員があります(残席は表示しています) 授業料は140,000円(解剖学生理学を受講しない場合は、120,000円) 学院生のみ入学金20,600円がかかります
    万が一3年間でも修了できない場合は、40,000円の追金で1年在学を延期できます
  • 認定書コース22:すでに整体関係の仕事従事者向け 整体実技基礎講習会2回と整体実技中級講習会2回を受講して認定試験を受験して操体整体師認定書を取得するコース 修得の目安:2ヶ月~3ヶ月 授業料は64,000円45,000円
    操体整体師認定コース詳細はこちら
  • 認定書コース33:整体関係の仕事非従事者向け 整体実技基礎講習会3回と整体実技中級講習会3回を受講して認定試験を受験して操体整体師認定書を取得するコース 修得の目安:3ヶ月~5ヶ月 授業料は74,000円 60,000円
    操体整体師認定コース詳細はこちら
  • 速習科生:基礎講習会3回,症状別講習会3回,中級講習会3回必須で全12回の実技講習会を受講できるコース 受講料97,000円88,000円(2017年10月まで速習科生開講特別価格実施中) 解剖学や生理学は追加自由です 操体整体師認定書SOT操体整体学院専科生修了書とが授与されます(修了書の名称としては速習科生でなくて専科生となります)

速習科生が、必要な場合基礎医学科目の
解剖学は通常、前期後期合計30,000円のところ前期後期合計12,000円で受講可能(最大受講期間はまる1年)
生理学は通常、前期後期30,000円のところ前期後期合計12,000円で受講可能(最大受講期間はまる1年)
解剖学生理学いずれかを学んだ速習生は、操体整体師認定書SOT操体整体学院専科生修了書とが授与されます(修了書の名称としては速習科生でなくて専科生となります)

操体整体師認定コース22/33生と速習科生のお申込みはこちらから ← クリックして下さい

&b

・基礎講習会・中級講習会・症状別講習会などの整体実技講習会は東京会場と大阪会場でのみ受講できます 東京大阪両方で受講することもできます
・基礎医学科目は自宅でインターネットを使って受講します
・認定書コースで取得できる整体実技認定書(実際には、操体整体師認定書 という名称になります)は上記すべてのコースで授与されます
・入学後のコース変更は可能です ただし解剖学または生理学の受講パスワードを知ったのちの解剖学または生理学のキャンセルは出来きません)

学院生(2年制)の申込は↓ではありません 上の方にある赤いボタンです
速習生の申込は下から↓
認定書コース/研究生


SOT操体整体学院基礎医学科目単科受講制度

(以下の受講料金は予告なく変更することがあります。受講途中での変更はありません。学院生は入学後は変わりません(在籍途中での値上げはありません))
SOT操体整体学院に学院生として入学しないで、以下の各科目を受講することができます。
・整体基礎講習会 11,000円(前半または後半のみ)、22,000円 2回目は16,000円、3回目以降は10,000円
・整体中級講習会   整体基礎講習会と同料金 再受講料金も同じです
・整体症状別講習会 16,000円 2回目は12,000円、3回目以降は8,000円
以上は、
整体実技講習会@東京はこちら
整体実技講習会@大阪はこちら
からお申込みください

・解剖学前期(90分×10回) 20,000円15,000円(期間限定割引中)
・解剖学後期(90分×10回) 20,000円15,000円(期間限定割引中)
・生理学前期(90分×10回) 20,000円15,000円(期間限定割引中)
・生理学後期(90分×10回) 20,000円15,000円(期間限定割引中)
※解剖学前期と解剖学後期とで解剖学は完結します 生理学も同じです

上位の受講料には教科書代(解剖学と生理学)は含みません。
お申込み後、各自入手してくださ。
解剖学教科書生理学教科書
この教科書は、2016年9月から新しい教科書に変更しています

上記科目をそれぞれ単独に受講する者を単科生と呼びます。
たとえば、生理学を、学院生としてでなくこれだけを受講している者を、生理学単科生と呼び、学院生と区別した呼称を用います。

【再受講】
単科生が同じ科目を翌年以降も受講する場合、翌年は以降は半額となります。内容は基本的には変化ありませんが、講師の授業内容はまったく同じではありません。ライブ授業も毎年新しく放映されます。



SOT操体整体学院についてのよくある質問はこちら
特定商取引法による表示を参照のこと