|トータル 2419人| 昨日0人| 今日1人|2
更新:2016-10-04 (火) 15:53:51

子宮頸がんワクチンを接種すれば不妊になるなど危険がいっぱい

まず、
政府は嘘をつく
マスコミも真実を報道しない

ことをご承知おきください

政府はアメリカの言いなりです 日本はアメリカに戦争で負けてから属国になっています
マスコミは、政府やスポンサーの顔色をいつも伺っています
そしてアメリカを実質支配しているのが、金融ユダヤ人たちなのです(もちろんユダヤ人全部ではなくて、大資産家のユダヤ人達です)

なので、たとえば、今までテレビで一度も『合成洗剤の実態をあばく』という番組は組まれたことがないのです なぜなら、洗剤メーカーは、テレビの大事な大事なスポンサーだからです
また政府からスポンサーに手を引かせると圧力がかかると、テレビはじめマスコミは真実を報道しません 真実を調べていても途中で調査を打ち切ります

よって、マスコミの報道は限られた範囲でしかしません
テレビや新聞で真実はわかりません

殺戮ゲームを子供の頃からやっていることと簡単に人を殺す若者が増えることとは無関係ではないのに、ゲーム会社はテレビの大切なスポンサーなので、そのことは一切触れません。仮に出演者が触れてもそのことはカットされて放映されます。

子宮頸癌ワクチンは動物を不妊にする薬から作った危険な薬

こんなに危ない子宮頸がんワクチン

ワクチンの罠超有害

これを打たせて得する人たち、得する人たちがいるから(アメリカというよりアメリカのごく一部の人達)
厚生労働省はアメリカの言いなり
そんなはずがないじゃないかと早計な判断はしないでください
そんなことをするのに反対できないのが今の日本なのです
しかも国民はおとなしいので、し放題のようです

アメリカだけが得をするTPPも参加しなかったらよかったのに、安部首相は判断を誤った

このページを見て、考えるところがあった人は、自分のブログやfacebookでできるだけ、動画を広めてください








子宮頸がんワクチン摂取を義務化(無料)して少女のうちから不妊に

子宮頸がんワクチンを少女に打って、将来赤ちゃんを産めない身体にしようとする
しかも無料にして、子供全員に義務化するとは

自己防衛策としては、義務化されても受けなかったらいいのです。



ワクチンの罠

船瀬俊介『ワクチンの罠』

本書の前に、「立派な医学者」の最新刊、山内一也・三瀬勝利著『ワクチン学』(岩波書店、2014年刊)をざっと読んだ。いわく、「ワクチンは医学史上最高の発明」であり、「北里柴三郎や野口英世など日本人の貢献も大きい」のに、「近年の日本はワクチン後発国」であるのが嘆かわしい、「ワクチンの副作用は、製造方法から考えて当たり前」である、「ワクチン接種は、予防効果と副作用の大きさのバランスを考慮して、積極的に推進すべきである」。この本の著者らが、日本のワクチン界の中心人物であることから、乳児から老人まで、日本人をますますワクチン漬けにする気らしい。日本人よ、警戒せよ、である。

船瀬氏の本書は、厚労省や日本の医療関係者、「ワクチン先進国」であるアメリカの良心的な医療関係者、さらにはWHOの文書に基づいているだけに、信頼性は高い。まさにワクチンこそ「医療の闇」の核心であると痛感する。日本では、政府、医療関係者、教育、およびマスコミなどが一体となって国民の洗脳を続けてきただけに、本書の内容はまさに驚愕!である。評者も、本書で初めて知ったことも多い。

ワクチンがらみで「医療の闇」が垣間見えたのは、本書の冒頭にもある子宮頸がんワクチン問題であろう。思春期の少女たちに激烈な副作用が多発していることは明白なのに、厚労省の検討会は、今年1月に「副作用は心身の問題」、つまり気のせいであるという、驚くべき結論を出した。今後、定期接種の積極的勧奨を再開しかねない情勢である。女性の医療に責任がある日本産科婦人科学会等に至っては、勧奨再開の要望書まで出している!本書にもあるように、子宮頸がんワクチンの拙速な審査、税金による接種補助制度創設にあたって政治家や政党が暗躍したと言われている。製薬会社-政治家-厚労省-医者-マスコミの「医療ムラ」は、国民の健康を犠牲にしても、自らの利益の方が重要らしい。

本書は、「日本の医療の闇」は、実は「世界の医療の闇」に支配されており、彼らの最終目的は世界の人口を10億人程度まで減らすことであるのを暴き出している。この他、インフルエンザ、エイズなど感染症とそのワクチンを巡る「怖い話」が満載である。

愛する家族を守るために、洗脳支配から目を覚まそうと呼び掛ける著者に大いに共感する。


子宮頸がんの原因はHPV(ヒトパピローマウイルス)ではない

アメリカのFDAも知っていながら、ワクチンを黙認 (このワクチンを広めて得をする人たちの強大な富の力でFDAも反対できないのです)
オバマ大統領は自分の娘には絶対この子宮頸がんワクチンを打たせない
(医者が、自分は健康診断は受けないのと同じですね)